セレナってどんな車

セレナは日産自動車が販売している日本で一番売れているミニバンです。
そのため、よく町で見かけることも多いと思います。
セレナのルーツは1991年にまで遡り、この年にC23型バネットセレナが販売されました。
その後、ライバル車種のホンダ・ステップワゴンに対抗するために1999年に初めてモデルチェンジされC24型が販売されました。
2005年に2回目のフルモデルチェンジが行われ、3代目C25型が販売されました。
そして、2010年に4代目C26型が販売され、今に至っています。
セレナの最大の特徴は広々した室内空間です。
ミニバンの魅力でもある室内空間の広さを全面に押し出しており、8人乗っても圧迫感がありません。
シートも自由にアレンジできるので、その人に合った使い方ができます。
また、ドアが非常に大きめに作られているので、乗り降りしやいですし、 ワンタッチオートスライドドアなので両手に荷物を持っていても楽々開閉が可能です。
レジャー用品をたっぷりと積むことができるのでアウトドアにおすすめの車だといえます。
さらにエマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止システムといった先進安全システムを装備している点や
スマートシンプルハイブリッドによる燃費の良さも日産セレナの魅力です。

 

 

セレナに乗るメリットは?

セレナに乗るメリットは非常にたくさんあるので、全部ご紹介するのは難しいですが、
一番のメリットは車内の広さではないでしょうか?
他の車と比較すると圧倒的に車内が広く、自由に使用できるスペースが多いです。
家族全員が乗っても圧迫感がなく、快適に移動できるというのがセレナになるメリットだといえます。
また、荷物をたくさん積むことができるのでレジャーや旅行を頻繁に楽しむ人にとっては非常に便利な車だといえます。
そして、ランニングコストを少しでも抑えたいと考えている人にとってもセレナはおすすめの車です。
セレナには次世代のハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド」が使用されているので、非常に燃費が良く経済的です。
スマートシンプルハイブリッドは減速した時に発生する運動エネルギーを用いて、
加速時やエアコンなどに再利用するエコなハイブリッドシステムです。
しかも、アイドリングストップシステムも装備しているので、渋滞や信号待ちの時などに自動的にエンジンが停止し、
無駄な燃費や排気ガスの発生を抑えることができます。
さらにエコカー減税の対象車でかつ減税率100パーセントということもあり、取得税や重量税、
自動車税を大幅に下げることができます。

 

 

セレナに乗るデメリットは?

セレナを購入しようと思った場合、デメリットがないのか気になるかもしれませんが
基本的に大きなデメリットはないので安心してください。
口コミを見ても満足して使用されている人が多いので、買ってから後悔するということはないはずです。
ただし、口コミを見ると価格に不満を感じている人は多いようです。
ライバル車種と比較すると多少セレナは価格が高い印象があります。
そのため、購入する時にライバル車種と迷ってしまうことが多いかもしれません。
そして、口コミを見る限り、デザインに不満を感じている人もいるようです。
人によってはファミリーカーというよりもバスのような印象を持たれるかもしれません。
ただ、デザインは人によって好みがあるので、セレナのデザインが格好良いと思う人もいればイマイチだと感じる人がいてもおかしくありません。
また、室内空間は非常に広々していて使いやすいが助手席の足元に狭さを感じるという人もいます。
さらに細かい部分になりますが、ドリンクホルダーが使いづらいという不満を感じている人もいます。
セレナには致命的なデメリットはありませんが、このようなデメリットがあるというのを理解した上で購入された方が
良いかもしれません。





車査定・買取ならコチラがオススメ
便秘解消方法
人気のファンデーション